img_01

自転車事故の損害賠償

近年は健康にいい、また環境に優しいということでロードバイクがブームになっています。

自転車で通勤する人、休日に趣味でサイクリングをする人が増えてきました。

自転車人口は増加の一方ですが、その反面、心配されるのが自転車事故です。

被害者になることもあれば、加害者になることもあります。自転車は子どもでも手軽に手に入れ、乗ることができますので軽く考えがちですが、加害者側になったときの損害賠償はバカにできない額となります。

評判が高い神奈川の社会保険労務士に今、注目が集まっています。

それは未成年の場合でも同様です。

社会保険のアウトソーシングの特別な情報を載せています。

損害賠償請求情報を簡単に調べられます。
様々な不倫損害賠償情報がさらにわかりやすくなりました。


例えば高校生が夜間に無灯火で携帯電話を操作しながら運転しており、歩行者にぶつかり重度の怪我を負わせた場合は、5000万円ほどの損害賠償が請求されました。
未成年の場合はこの負担は親が負わなければいけません。

神奈川周辺の社会保険労務士情報が探せます。

また、成人のケースでも信号無視で横断中に事故を起こし、歩行者を死亡させたケースの損害賠償は5400万円ほどです。

車相手でも、周囲をよく確認せず車道を横断したところ、死亡事故を誘発して逮捕されたケースはテレビでも大きく取り上げられました。

損害賠償はこの自転車の運転手が支払わなければいけません。

この損害賠償の金額は一般家庭が支払える金額を大きく超えており、一家離散を招きかねません。

損害賠償情報探しの最新サイトをご用意いたしました。このように、多額の損害賠償が求められるケースもありますが、自動車とは異なり強制加入の保険などはありません。
個人で保険をかけて防衛をするしかないのです。

自分が入っている保険の中で、個人賠償責任保険という特約があれば、付けておくと対応ができます。


横浜の社労士の詳細情報となります。

これは自転車に限らず、他人を死傷させたり、物を壊して賠償責任が発生した場合に損害賠償を支払ってくれます。

神奈川の社会保険労務士情報を多数ご用意したサイトです。

自分と家族を守るため、また被害者救済の意味でも自転車を購入した時点で、たとえ小学生の自転車であっても、入っておくとよいでしょう。

保険料も月々数百円ですみます。

損害賠償に備えて保険に入った上で、自転車に乗るときは交通ルールを守り運転することが大切です。


お子さんがいる方は、日頃から話し合い、注意をしておくことが大切です。

http://www.jasso.go.jp/kikanhoshou/kikanhoshou.html
http://www.sonpo.or.jp/
http://www.cgc-osaka-fu.or.jp/